初代理事長の挨拶

東京都自動車部品商組合は2011年2月14日に東京都知事の認可により事業協同組合へ組織変更しました。全ての各組合員が生き生きと組合活動が出来るために、理事長としては次のような心構えで新しい組織を運営してゆきたいと決意しております。
(Ⅰ) 組合員同志の心と心の結びつきを最も大切にする。
(Ⅱ) お互い助け合う「相互扶助」を尊ぶ心を育成する。
(Ⅲ) 組合員の権利と義務は、規模によらず平等とする。

東京自動車部品商協同組合は、地域の自動車整備工場、ボディショップ(鈑金・塗装工場)、フリート(タクシー会社、運送業者の自社整備工場)、ガソリンスタンド、カーショップ等に自動車補修部品、オイル・ケミカル・用品、整備用機械工具、整備用電子診断装置等を販売する地域部品商の協同組合です。


  • 2016年2月 共同購買累計3億円を突破(2011年5月より5年9ヶ月)
  • 2015年5月 共同購買累計2億円を突破
  • 2014年4月16日第3回通常総会にて新役員を選任 新役員体制 (PDF)
  • 2014年2月 共同購買累計1億円を突破(2011年5月より2年9ヶ月)
  • 2014年度決算 創立4年目にて黒字化を達成、法人税等の納税を行う

共同購買実績(円) 共同購買累計
2011年度 27,372,586 2737万円
2012年度 32,071,128 5944万円
2013年度 43,217,072 1億2,66万円
2014年度  75,233,152 1億7785万円
2015年度  124,164,268 3億200万円
2016年度  160,617,151  4億6340万円


首都圏80拠点のネットワーク クレド法律事務所
 東京自動車アフターマーケット  自動車整備市場データ
Producede by HomesInternet.